30代半ニートのボタン押し日記

夜勤ボタン押し(セルフスタンド店員)による雑記ブログです。

引越しバイトを1日で辞めた話 半ニートにはきつすぎた…

f:id:tyana777:20180612003027j:plain

 

こんばんは。

ボタン押しのチャナです。

 

 

ボタン押し中に眠くてぼっーとしていたら、以前1日で辞めた引越しバイトの事をなぜか思い出しましたw

 

 

今でこそボタン押しのバイトに落ち着いていますが、今まで様々な職種のアルバイトをやったことがあります。

 

 

きついアルバイトでよく挙げられるのが引越しのアルバイトですが、噂どおり本当にきつかったのです。

 

 

ニートとかフリーターの方が軽い気持ちで引越しバイトをしてみようと思った方は、一度よく考えてみてください。

 

 

軽いノリで引越しバイトを選んだ

 

 

10数年前になりますが、パチスロ生活がいまいちよろしくない時期にぽつぽつアルバイトをしていました。

 

 

適当に求人誌を漁っていたら、引越しバイトの求人がいっぱいあったので軽い気持ちで応募したんです。

 

 

説明会みたいな感じで某大手の運送会社の会議室みたいなところに、バイト応募者は一斉に集められ、簡単に業務内容の説明をされて最後に履歴書を渡して帰ってきました。

 

 

面接は単なる説明会だったので、恐らく全員採用されたのだと思います。

 

 

3日後に運送会社から電話が入り「○○日から勤務になるので動きやすい服装で会社に来てください」みたいな感じで言われ、当日運送会社へ向かいました。

 

 

当日50人位のアルバイトが一斉に集まっていて班分けをされ、チャナは他のアルバイト2人と、社員1人の、合計4人(バイト3人・社員1人)で現場に向かうことになりました。現場は、一般のお宅2件の予定でした。

 

 

現場へは運送会社のトラックで向かい、運転手は社員の人Aさんです。チャナを含むアルバイト3人は、チャナともうひとりのバイトB君は引越しバイトが初めてで、もうひとりのバイトC君は何度か引越しのバイトの経験があるみたいでした。

 

 

現場に向かうトラックの中はわりと和やかな感じで、社員のAさんはよく話をしてくださり、緊張しているチャナとB君に「大した作業じゃないから大丈夫だよ」とか気遣ってくれていました。

 

 

チャナとB君は、初の引越しバイトの上にガリヒョロと、全く使い物にならないのは誰が見てもわかるレベルだったはずですw

 

 

C君はあまり話に加わらないで、じっと話を聞いていました。

 

 

今思うと、全然大丈夫じゃないから無言だったのではと思っていますw

 

 

現場の1件目のお宅はマンション の10階でした。1件目はそんなに広いお家ではなくそんなに重いものもなく、スムーズに作業は進められました。

 

 

エレベーターがあったのでそんなに大変ではなかったと記憶しています。

 

 

とは言っても、チャナとB君でタンスを運んだのですが、ふらふらして早いうちに落としそうになりましたw

 

 

地獄は始まった

 

f:id:tyana777:20180612003132p:plain

 

 

1件目は覚束ない手つきながら予定通りに終わり、昼休憩を取ってから2件目の現場に向かいました。2件目は一軒家で2階建ての結構大きなお家でした。

 

 

2件目の現場はハッキリ言ってまさに地獄…

 

 

とにかく重いものが多く、テレビとたんすをトラックに積み込む時点で早くも腕に力が入らなくなりましたw

 

 

2階にも大きな家具等もあり、1階まで運んでトラックに積むのが地獄なんです。

 

 

それでも4人しかいない作業員なので、休むこともできずあまり記憶はないですが何とか運んでいました。本来2人で運ぶようなものでも、3人とか4人で運ぶことになり、めちゃめちゃタイムロスになり、チャナとB君は正直戦力外でしたw

 

 

ハッキリ言って、社員のAさんとバイトのC君だけでやった方が早いんじゃないか?ってレベルで途中からは、チャナとB君は食器の箱詰めばかりやらされていましたw

 

 

トラックに積み込んだ荷物は、当然引越し先の現場へ設置しに行かなければいけないので、トラックで向かっていましたが、誰一人会話も無く重苦しい空気が流れていました…

 

 

Aさんは、こんなに使えないバイト2人がいて足手まといなのに、全く怒鳴ったりしないんですよ。恐らく、このような経験はしょっちゅうあるのでしょう…

 

 

怒る気力がないのか、本当に人が出来ているのか、チャナとしては怒られないので本当に安心しました。

 

 

2件目のお宅の引越し先へ到着し、物をどんどん設置していかなければ行けません。チャナとB君は食器の荷解きをし、食器を元通りに棚に収める作業を黙々としていました。ハッキリ言って、途中からは作業自体は楽をした記憶しかありません。

 

 

ほぼきつい作業は社員のAさんとバイトのC君がやっていましたからw

 

 

C君は絶対腹が立っていたと思いますw

 

 

どうにかと言うか、ただ食器を並べてただけですが少し時間をオーバーしましたが無事に怪我人もなく、2件の現場をやり終えました。

 

 

帰りはほとんど会話も無く、運送会社に着いて解散となったわけですが、チャナは途中から辞めることを決意していたので、解散して1時間後位に運送会社に電話をして辞めることを伝えました。

 

 

バイトの期間は1ヶ月契約だったのですが、1日で辞める運びとなりました。電話したときは向こうは怒ってはなかったですが、辞められると困るからどうにか来てくれないか?みたいな事は言われました。

 

 

どんなに使えないやつでも、頭数だけは揃えないといけないみたいで迷惑をかけて申し訳ないと思いつつ、体中が痛くて動けないのですみませんと断って辞めました。

 

 

そんなわけで、やっぱりガリヒョロのニートには引越しバイトは勤まらないと身をもって実証することができました。

 

 

ニートがやるバイトじゃない

 

f:id:tyana777:20180612003750p:plain

 

ニートとかブランクがある方は、悪いことは言わないので引越しバイトは辞めといた方がいいと思います。昔は引越しバイトと言えば稼げるイメージはありましたが、今では他のバイトと賃金はそう変わりません。

 

 

短期のバイトで楽なバイトなんていくらでもあるので、よく探した方がいいです。軽い運動のつもりで行くと痛い目にあいます。

 

 

引越しバイトを辞め帰宅してからお風呂に入っている時に、こう思いました…

 

 

引越しバイトのきつさ体験したら何の仕事でも出来る!

 

 

その時は本当にそう思いましたが、数日後には普通に「働きたくないでござる」の気持ちに戻りました。

 

 

これならパチスロ打ってた方が楽だと改めて認識し、その後もパチスロ生活を暫く続けることになっただけでしたw

 

 

ぐうたら人間はそう簡単に変われないってことですw

 

 

引越しバイトの総評をすると…(5段階)

 

人間関係

★★

 

時給

★★

 

疲労度

★★★★★

 

おすすめ度

 ★

 

あくまで主観によるものですので、人によって仕事の評価は変わると思います。

 

これをやりきったら達成感は凄いかもしれませんね…

 

それでもやってみたいあなた!

 

中々のドMかもしれませんねw