30代半ニートのボタン押し日記

夜勤ボタン押し(セルフスタンド店員)による雑記ブログです。

バイトの面接時の『志望動機』が思いつかなくても心配ないよ

f:id:tyana777:20180612143540j:plain

 

こんにちは。

ボタン押しのチャナです。

 

 

バイトの面接に行く前は、どんな事を質問されるのか不安になりますよね?

 

 

特に、志望の動機を質問されるのが嫌な人が多いんだそうですよー

 

 

ちょっと曖昧ですが、チャナの現在のアルバイト先での面接時も一応質問されたような気がします。

 

 

チャナのコミュ症ではあるんですが、いざ人と話すときはわりと口が動くんです…

 

 

自慢?の舌先三寸で結構切り抜けることができます。

 

 

現在のボタン押しの業務の時も、適当にクレームのお客様の対応はできているのですw

 

 

全員が全員が口がスムーズに動くわけはありませんから、とりあえず志望の動機なんてさらっと簡単に答えてしまいましょう。

 

 

f:id:tyana777:20180612143631p:plain

 

 

例えばボタン押しの場合は…

 

 

資格を生かせると思ったので応募しました

 

 

これだけで十分でしょう。

 

 

更に突っ込んでくる面接官もたまにいて、なぜ資格を取得したのか尋ねてくることがあると思います。

 

 

その場合は…

 

 

比較的簡単に取得でき、なおかつ仕事に活かしやすいと思ったからです

 

 

これだけで切り抜けることは可能です。

 

 

咄嗟に返答できればいいんですけど、中々出てこない場合はネット上にテンプレの返答がいっぱいあるので、自分が使えそうだなと思ったのはメモをしておくなりして、備えておきましょう。

 

 

ボタン押しの場合は、先ほど挙げた例えでほぼ切り抜けることができます。

 

 

今はネットがあるので便利な世の中になりましたが、チャナが昔バイトの面接のときなんて、履歴書は手書きをするしかありませんし、ネットで調べものもできない時代でした。

 

 

今の時代は調べることである程度事前知識を得られるので、面接なんて怖くなくなりましたよね(面接に慣れるなんて良いことではないかもしれませんがw)

 

 

多少返答に詰まったとしても、面接で一番重要なのは素直にすることです。

 

 

しっかりと「はい」と返事をして、適当に話を合わせておけば採用の可能性は高まります。

 

 

唯でさえ、現在は人手不足でどこもアルバイトが不足している状態です。我々ニートやフリーターにとって重宝される時代がやってきました。正に追い風なのです。

 

 

緊張は嫌でもするので、清潔感のある無難な身だしなみをして挑みましょう。